トップページ> 沿革

沿革

昭和54年8月 新庄市手をつなぐ親の会、同身体障害者福祉協会、同母子協会連絡協議会が 運営委員会を結成し、私立新庄障害者福祉授産所として発足
昭和56年12月 法人経営として運営することが決定したため閉鎖
昭和57年1月 定員20名の精神薄弱者授産施設(通所)として開設
昭和59年7月 施設263.26uを増設し、定員を30名に変更
昭和62年7月 施設113.735uを増設し、定員を40名に変更
平成19年5月 「社会福祉法人 山形県手をつなぐ親の会」を
「社会福祉法人 山形県手をつなぐ育成会」に名称変更
平成20年11月 山形県新庄市大字仁間字野際285番へ移転
平成21年10月 「知的しょうがい者通所授産施設 友愛園」指定辞退
平成21年11月 「しょうがい福祉サービス事業所 友愛園」として開設
平成22年6月 「最上障害者就業・生活支援センター 準備室」開所
平成23年4月 新法人「社会福祉法人 友愛の里」を設立
「社会福祉法人 山形県手をつなぐ育成会」から分離独立
「最上障害者就業・生活支援センター」正式開所
平成24年4月 「最上相談支援事業所」開所
平成26年4月 定員を50名に変更
平成26年12月 天皇陛下より御下賜金拝受
平成27年4月 「生活自立支援センターもがみ」開所